共有不動産の不動産担保ローン

損をしないように比較することが大事

不動産担保ローン個人向け不動産担保ローン

また、残債が売却代金を上回っている場合は、不足する分を現金で準備したり、残りを新たな返済条件で借り入れるなど、別途資金調達が必要になります。
不動産を売却しても借金がなくならずに残ってしまうなら持ち続けていた方がいいとも思えますが、将来的に値上がりが期待できる場合を除いて、今の価値で売却することで将来的に固定資産税などの維持費も不要となるので有利な場合もあります。
不動産担保ローンを利用すると不動産が売却できなくなる不安がありますが、その時は返済をしてしまえば可能になるし、持っているだけで維持費がかかる不動産に、自分自身でお金を産み出させる効果的な方法が担保です。
但し、気を付けておきたいのが担保設定の登記費用です。
担保の設定には登記費用が掛かり、設定金額に応じて時には数十万円の費用がかかることもあるので、担保を利用することで節約できる金利がそれ以上にならないとかえって損になることもあるので、借入条件と抵当権設定登記費用の比較をすることが効果的です。

維持が大変な不動産の価値 | 共有者のメリット | 損をしないように比較することが大事