共有不動産の不動産担保ローン

共有者のメリット

不動産担保ローン個人向け不動産担保ローン

なお不動産担保ローンは、文字通りの意味では不動産を担保にするローンなので、住宅ローンもその一種です。
住宅ローンの場合は自らの居住用にするなど条件が限定されている一方で、通常の不動産担保ローンよりもさらに金利が優遇されていることや、住宅ローン控除で税金の優遇が受けられるなどの特徴があります。
不動産を担保にするためには、共有者がいる場合はすべての所有者の同意が必要です。
たとえば、夫婦共有や親子共有の不動産は、所有者の一人の都合で担保にすることはできません。

反対に、この特徴を利用して、夫婦共有や親から相続した物件を兄弟共有にしておけば、たとえ割合は1%でも他人が持っていることで、一人の判断で物件を担保に供したり売却することはできない安全弁としての機能も果たします。
なお、不動産担保ローン利用中の不動産は売却することが全くできないかというと、売却と同時に残債の清算ができれば可能です。
買い手に所有権の移転登記をすると同時に、債権者が抵当権の抹消をしてくれたらいいので、通常は売却代金が入金すると同時に借入金の残債を支払って登記手続きを行います。

維持が大変な不動産の価値 | 共有者のメリット | 損をしないように比較することが大事